Withanolidesとは何ですか?

ウィタノリドは、がん細胞を抑制し、抗酸化物質として作用することが実験室で示されているステロイドのグループです。 これらのステロイドは、インド、パキスタン、およびスリランカ原産の低木であるウィスニア・ソムニフェラまたはアシュワガンダに由来しています。 植物の根には、医学研究の焦点であるウィタノリドと呼ばれる化合物が含まれています。 最も有望な研究は、ウィタノリドが神経細胞を再生できることを示しています。 ウィタノリドA、ウィタノシドIV、およびウィタノシドVIは、再生特性があると考えられているウィタノリドです。

アシュワガンダの植物の葉と果実は、何百年もの間アーユルヴェーダ医学の成分として使用されてきました。 植物の種名であるsomniferaは、「眠り」のラテン語で、植物の鎮静特性を適切に表します。 この植物は、体がストレスに適応するのを助けるアダプトゲンであり、抗炎症剤であると考えられています。 また、植物は性機能と肝臓の健康を改善することができます。

アシュワガンダなどの適応性のあるハーブは、いらいら、不安、焦りを減らすのに役立ちます。 一般に、いくつかのタイプのストレスに抵抗する身体の能力は改善されます。 その結果、ストレス時にエネルギーがより生産的に使用され、全体的な健康が改善されます。

Withanolidesにも抗酸化特性があります。 臨床検査では、ウィタノリドがフリーラジカルの形成を抑制することが示されています。 フリーラジカルは、細胞に損傷を与える可能性のある活性酸素分子です。 酸化防止剤は、組織の損傷を長期にわたって防ぐことができ、いくつかのタイプの病気のリスクを減らします。

これらのステロイドは、癌の成長を遅らせ、アポトーシスを誘発することも示されています。アポトーシスは、細胞の最終的な死に至る一連の細胞イベントです。 細胞は、生物へのさらなる損傷を防ぐためにアポトーシスに入ります。 これは通常、ウイルスに感染した細胞またはDNA損傷のある細胞に見られます。

脳細胞に関して、withanolidesは実験室の実験で軸索、樹状突起、シナプスを含むニューロンの部分を再生するために示されました。 動物実験では、アルツハイマー病の症状に対するステロイドの効果は有望な結果を示しています。 研究では、ステロイドが一般的に記憶を改善することが示されています。

ウィサノリドは通常、アシュワガンダ植物の新鮮な根から抽出されます。 サプリメントが利用可能で、強度の範囲は1.5パーセントから8パーセントです。 推奨用量は、最大3か月間、1日2グラムです。 より高い用量は毒性につながる可能性があります。 妊娠中の女性は、胎児への影響の可能性があるため、ウィタノリドを含む製品の使用を避ける必要があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?