アルニカチンキとは何ですか?

アルニカチンキ剤は、患者の皮膚に直接適用できるハーブアルニカの調製品です。 この治療法は何世紀にもわたって使用されてきましたが、その薬効は医療専門家によって評価されていません。 この治療法を使用する多くの人々は、痛み、あざ、腫れを軽減し、治癒を促進すると主張しています。 このタイプの薬剤を使用したい患者は、他の薬剤と相互作用し、深刻な合併症を引き起こす可能性があるため、最初に医師に確認してください。

アルニカチンキの主な成分は、アルコール、アルニカの花、そして時々アルニカの葉、茎、根です。 アルニカはアルコール、多くの場合エタノールに入れられますが、グリセロール、エーテル、その他の非飲用アルコールも使用でき、数週間以上液体に浸けます。 このプロセスは、アルニカをアルコールに注入し、アルニカが除去された後に患者がチンキ剤を使用できるようにします。

患者は、アルニカチンキ剤を水で希釈し、それを打撲傷、捻orまたは筋違いに軽くたたいて使用します。 包帯をアルニカチンキに浸し、患部に巻き付けることもできます。 この治療法は非常に強力である可能性があり、患者はそれを使用するときは慎重に投与量の指示に従う必要があります。

皮膚に直接塗布すると、アルニカチンキは腫れ、内出血、痛みを軽減すると言われています。 医学的研究が医学的治療としての有用性を確認するために必要であるが、逸話的な証拠は、この薬がこれらの症状を緩和するのに効果的であり得ることを示しました。 多くの薬と相互作用することができますが、他の薬と一緒にアルニカを使用することは安全です。 患者は、このハーブによる治療を始める前に、このアルニカの使用について医師と話し合う必要があります。

誤って使用すると、アルニカチンキは有毒になる可能性があります。 アルニカとそれが注入されたアルコールの両方が飲み込まれた場合、深刻な病気や死を引き起こす可能性があります。 患者は、この薬を粘膜から遠ざけるように注意する必要があります。粘膜は、アルニカチンキにさらされると炎症を起こす可能性があります。 傷んだ肌にこのトリートメントを使用することもお勧めしません。

アルニカチンキ剤の使用には、いくつかの潜在的な副作用があります。 この治療の最も一般的な副作用は、それが適用された皮膚の部分の刺激または炎症です。 このチンキ剤を使用すると、深刻なアレルギー反応も起こり得ます。めまい、息切れ、または意識喪失を経験した患者は、医師の診察を受ける必要があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?