脳卒中療法とは何ですか?

脳卒中言語療法は、脳卒中の犠牲者が、脳卒中の遺産である可能性のある身体的および認知的障害を伝え、対処する能力を取り戻すのを助けるように設計された言語療法の一種です。 脳卒中後の言語療法の提供が早ければ早いほど、患者の予後は良好です。 病院で脳卒中治療を専門とする多くの言語療法士は、患者が安定するとすぐに患者と協力できるようにします。 成人と小児の両方の脳卒中言語療法が利用可能で、患者の年齢に応じて異なるアプローチがあります。

脳卒中は脳に多くのダメージを与える可能性があります。 多くの脳卒中の犠牲者は、言語処理に関与する脳の領域への損傷によって引き起こされる言語障害である失語症を経験します。 また、患者は、筋肉の制御が失われ、口とのどの筋肉が弱くなり、犠牲者の言葉が汚されたり、発話が困難になるため、脳卒中後に話すことが困難になる場合があります。 音声言語病理学者は、脳卒中言語療法におけるこれらの問題に対処することができ、患者がコミュニケーションスキルを再確立するのに役立ちます。

脳卒中の重症度に応じて、患者の言語スキルは脳卒中スピーチ療法中に完全に回復する場合があります、または治療は単に患者がより明確にコミュニケーションするのを助けるか、または患者が脳卒中によって引き起こされる損傷を補うための新しいコミュニケーション方法を開発するのを助ける場合があります。 脳卒中によって引き起こされる言語の赤字は、患者に閉じ込められてコミュニケーションが取れないように感じることがあるため、患者にとって非常にイライラすることがよくあります。彼らが治療を受ける際の会話の難しさ。

脳卒中の犠牲者に関する研究は、早期の介入に加えて、集中治療も役立つことを示しています。 セラピストはさまざまな言語療法活動を使用して患者を刺激し、患者のコミュニケーションを成功させるため、脳卒中の最初の数日および数週間は脳卒中の言語療法が酷くなる場合があります。 これらのアクティビティには、歌う、リストを繰り返す、質問に答える、スピーチに関係する物理的メカニズムを再学習するなどが含まれます。

脳卒中言語療法を受けることは、患者のコミュニケーションを助けるだけではありません。 脳卒中後の嚥下の問題に対処することができ、脳の刺激は他の神経学的欠損からの回復も促進し、脳卒中後に患者が正常な活動レベルに達するのを助けます。 言語療法は脳卒中患者にとって心理的にも有益であり、これは予後の改善に貢献します。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?