消化器系の付属器官は何ですか?

胃と小腸と大腸は主要な消化器官ですが、他の器官と腺の助けなしでは機能しません。 消化器系の付属器官は、消化酵素を生産および分泌するなど、何らかの方法で消化を助ける器官です。 これらの臓器には、膵臓、肝臓、胆嚢、およびいくつかの異なる腺が含まれます。

消化器系の付属器官の助けがなければ、消化は胃や小腸内で起こりません。 各器官と腺は、システムで非常に特定の役割を果たします。 このように、それらは消化が実際に起こる主要な器官と同じくらいプロセスに不可欠です。

膵臓は、いくつかの異なる消化酵素を含む膵液を生成します。 この器官は胃の真下にあり、膵液を小腸の十二指腸に直接分泌します。 膵液内のさまざまな酵素がタンパク質の消化に関与しています。 脂質、または脂肪; 炭水化物が最小単位になり、体内に吸収されます。 膵液には炭酸水素ナトリウムも含まれています。これは胃の酸を中和するのに役立ち、酵素が分解されないようにします。

肝臓は体内で最大の臓器であり、健康と安定した状態を維持するためにいくつかの異なる役割を担っています。 消化器系の副器官の1つとして、食物に含まれる脂肪の消化に関与しています。 これを行うために、胆汁と呼ばれる緑色の水様の液体を生成します。 胆汁の緑色は、ビリルビンと呼ばれる色素に由来しています。 これは、古いまたは損傷した赤血球が肝臓内で分解されると発生します。

胆汁は肝臓によって継続的に産生され、胆嚢に保存されます。 消化に必要な場合、胆嚢から胆管を通って十二指腸に排出されます。 胆汁内には酵素はありませんが、脂肪や脂質の消化に必要な胆汁酸塩が含まれています。

胆汁酸塩は脂肪を乳化します。つまり、脂肪や水に洗剤を加えたときに見られるのと同じように、それらを小さな液滴に分割します。 膵臓によって生成されるリパーゼは、脂質の脂肪酸への消化を実行する酵素です。 胆汁酸塩の作用によって生成された脂肪の小さな液滴は、リパーゼによる消化をはるかに簡単かつ効率的にします。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?