手根中手関節とは何ですか?

手根中手(CMC)関節は、手の骨と手首の骨の間にあります。 具体的には、これらは手の根元にある手根骨の骨と中手骨の間の関節であり、5本の長い骨が手から各指の根元まで伸びています。 4本の指の下の手根中手骨関節は、骨が相互にスライドすることを可能にする関節型または滑動型関節、滑膜または可動関節型として知られています。 親指の付け根にある関節は、addle関節と呼ばれる別のタイプの滑膜関節であり、他の4つの関節よりもはるかに大きな可動域を可能にします。

手根骨は、不規則な形状の岩の小さな山のような一種のクラスターに配置されますが、2列に分割することができます。 近位列は、前腕の長骨の1つであるradius骨と関節を形成して、手根関節または手首関節を形成します。 近位の列を超えて、手根骨の遠位の列は、5つの中手骨の近位または近くの端と合流して、5つの手根中手関節を形成します。 遠位列には4つの手根があり、小指の側にハメイトがあり、その隣に頭下があり、次に台形、最後に親指側に台形があります。

5番目または小指の中手骨は、ハメートと整列します。 4番目またはリングフィンガー中手骨は、ハメイトと頭の近くの角で明確になります。 3番目または中指の中手骨は、主に降伏と会います。 2番目または人差し指の中手骨は台形にリンクしますが、両側の頭頂部と台形に接触し、最初または親指の中手骨は台形骨と関節を形成します。

2番目から5番目の手根中手関節では、関節自体で広範囲の動きを許可していません。 代わりに、radius骨の端で手を動かすと、中手骨と手根骨がいくつかの方向に互いに通り過ぎるようにすることで、手首の関節をより柔軟にします。 さらに、これらの4つの手根中手関節は、掌側のアーチの周りの動きを可能にします。 これは、手のようなものが野球のような物体の周りをカールするときに形成され、第5中手骨の内向きの回転によって作成される、手のひらの付け根にある凹状の曲線です。 小さな物体をつかむことができます。

最初のCMCジョイントは親指の付け根にあります。 最後の4つの手根中手関節とは異なり、広い範囲の動きが可能であり、人間の親指を反対または物をつかんで保持できると区別します。 2つの隣接するボーンの端が互いに垂直に配置され、互いに曲がっている一対のサドルに似ているため、その名前が付けられたセラージョイントまたはサドルジョイントとして、最初のCMCジョイントでは、前後、左右、横の動き。 また、回旋運動、旋回運動、および反対運動を可能にします。反対運動とは、親指の内側に引っ張って他の指の先端に触れることです。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?