幹細胞の議論とは?

幹細胞の議論は、科学的、宗教的、倫理的、政治的論争に囲まれています。 研究は、人体の損傷部分を修復し、致命的な病気の治療法を見つけるために幹細胞の使用を含むように成長しました。 ただし、これらの細胞の一部は人工的に生成されたヒト胚から抽出されるため、この慣行に従事する倫理と道徳に関して分裂が存在します。

幹細胞には、自分自身を修復および再生する能力があります。 適切な条件下で、これらの細胞は、特別な機能を備えた新しい細胞に発達または分裂することができます。 幹細胞の3つの主要なカテゴリーは、成体幹細胞、胚性幹細胞、および胚性「胎児」細胞です。 最後のタイプは、他の2つのタイプよりも、研究での使用に関して一般的ではありません。 幹細胞の特別な特性は、癌、パーキンソン病、または脊髄損傷の麻痺などのさまざまな病気の治療法を見つける潜在的な手段であると考えられています。 幹細胞を使用して治療法を見つけることができれば、かつて末期疾患であったものを治療できる可能性があります。

これらの潜在的な利点にもかかわらず、幹細胞の使用は倫理的な懸念を引き起こします。 幹細胞研究を取り巻く倫理的議論の多くは、胚性幹細胞の使用に基づいています。 問題は、他の生命を維持するために、潜在的な生命であるこれらの幹細胞を使用することが倫理的であるかどうかです。 特定の宗教宗派は、すべての形態の人間の生命を保護すべきであると主張して、実践を非難する際に特に発言しました。 政治家はしばしば、選挙運動をそのテーマに関する提案された計画に基づいている。

政府の役割も、幹細胞論争の論点となっています。 このタイプの研究には費用がかかります。 幹細胞実験の反対者は、州が人命の破壊にお金を与えていると主張しているため、政府の支持に抗議しています。 民間の研究施設も精査され、閉鎖が求められることがあります。 ただし、一部の国では、この慣行は完全に合法と見なされています。

幹細胞の議論の多くは、開発のどの段階が人間の生活と見なされるかという問題に関連しています。 一部の人は、生命は受胎直後、または精子が卵に入ったときに始まると主張し、この有利な点からこれらの胚は生命と見なされます。 結果として、議論のこちら側は、胚性幹細胞の使用を非倫理的であると見なします。 反対の見方では、胚は母親の子宮の外で独立して存在できるようになるまで、人間ではないと主張します。 その結果、議論のこちら側では、病気を治すために幹細胞を使用することは倫理的であることがわかりました。 もちろん、その間にさまざまな意見があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?