血管内皮とは何ですか?

血管内皮という用語は、心血管系全体の構成要素を覆う細胞の単一層を指します。 これには、心臓と3種類の血管(動脈、毛細血管、静脈)が含まれます。 血管内皮は、身体の循環系の重要な機能の一部です。

一般に、「内皮」という用語は、血管の内壁を覆う細胞の層を記述するのに十分です。 ただし、この機能には通常、「血管」接頭辞が付けられており、心臓や血管の層を、脳や目のような身体の他の領域の内皮から区別します。 特に、血管内皮は、管腔として知られる血管の空間内で血液がスムーズに流れるようにします。 血管内皮の存在は、血液がより遠くへ移動することを可能にし、その中の白血球を伝達します。

血管系の内皮は、血管新生と呼ばれる過程で形成されます。 このプロセス中に、血管の滑らかな壁と周皮細胞と呼ばれる結合組織細胞のコラボレーションにより、細胞の内皮層が作成されます。 これらは、血管壁にあるため、壁細胞とも呼ばれます。

血管内皮はリンパ管内皮とともに機能します。 この細胞層はリンパ管の内壁に沿って並んでおり、リンパ管は過剰な組織液を取り除きます。 血管内で特にリンパと呼ばれ、間質液として一般に知られているこの液体の流れは、血液が血管内皮によって行われるのと同じ方法で制御されます。 リンパ管もリンパ系の構成要素です。

血管系とリンパ系の両方が循環系を構成しています。 臓器のこのネットワークは、特定の臓器間で血液、組織液、栄養素、およびその他の物質を循環させ、身体全体の健康を維持します。 特に血管内皮は、血管系の一部であり、血管系は、それが裏打ちする心臓と血管で構成されています。

血管内皮の欠如は、血管系に悪影響を及ぼす可能性があります。 例えば、組織の膨張は、血流の調節されていない、または増加した速度の結果として発生する可能性があります。 また、内皮がプラークでできている追加の層を取得すると、壁は厚くなり、血流を制限します。 この状態はアテローム性動脈硬化として知られています。 心臓および血管の内皮の衰弱または破壊は、心臓病や心臓発作などの心血管の問題を引き起こす可能性があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?