ディクタフォンとは?

ディクタフォンは、特殊な録音技術です。 これらのデバイスは、主に話し言葉の録音とその後の書き起こしを容易にするように設計されています。 この用語は、Dictaphone Corporationのブランド名に由来しますが、このタイプの機能を実行するデバイスの一般的な用語としてよく使用されます。 このタイプの録音デバイスは、通常、ポータブルであり、有用であるが完全ではないオーディオ忠実度でサウンドを録音するように設計されています。

ディクタフォンの歴史は、企業が設立された1920年代に遡ります。 最初のモデルは、スタイラスが録音面にパターンをエッチングする録音業界で使用されていた同じ録音技術のバージョンを使用していました。 その後、エッチングを後で再生できます。 これらのマシンは通常、人間の秘書の代わりに使用され、中央のタイピングプールで複数のソースからの文字をタイプアウトできます。

サウンドレコーディングマシンが20世紀に進化するにつれて、ディクテーションマシンも一緒に進化しました。 これらのマシンの大きなバージョンが生産され、その一部は電話で企業全体にアクセスできましたが、小さなモデルはより成功しました。 さまざまなフォーマットの磁気テープが、最終的にはディクタフォン市場を支配するようになりました。 カセットテープとマイクロカセットは、このタイプのオフィス機器の標準的な記録形式になりました。

ディクタフォンは主にオフィス環境で使用されていましたが、同社は音声を録音するためにさまざまなマシンを製造していました。 たとえば、ラジオ放送からの信号を記録するために、より大容量の録音機が製造されました。 商業ラジオはこのような方法でキャプチャできますが、航空機やその他の放送ソースからの送信を有効にアーカイブできます。

ディクタフォンと同様のディクテーション機器は、パソコンが登場するまで広く使用されていました。 コンピューターの成長は、口述の減少と、ディクタフォンデバイスの市場の同時減少をもたらしました。 これらのデバイスは、アナログ形式とデジタル形式の両方で、現在でも使用されていますが、特定のニッチ市場に限定される傾向があります。

インタビューを行う専門家は、多くの場合、このタイプの記録装置を使用します。 歴史家や人類学者は、フィールドワークやインタビューを行う際に、特にディクタフォンに似た機械に頼る傾向があります。 一部の医師と弁護士は、これらの機械にも依存し続けています。

コンピュータ技術の最近の進歩により、データ入力の手段としての音声録音への関心が復活しました。 現在、多くの家電製品は音声認識が可能です。 これらのマシンは、元のディクタフォンの伝統を継承しており、ユーザーは話し言葉から簡単にテキストを生成できます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?