マイクアンプとは?

マイクアンプは、音波を電波に変換し、後で増幅する電子デバイスです。 次に、聴覚のためにそれを音波に再変換します。 このアンプは、コネクタ、ワイヤ、バランスXLRマイク入力の組み合わせと見なすことができ、必要なインピーダンスとSNR特性とともに高ゲインと低ノイズの音声を提供します。 世界中でさまざまなスタイルとモデルを購入でき、家や店の周りにあるアイテムから作ることもできます。

マイクアンプ、またはプリアンプは、マイク出力から取得した信号の電圧レベルを上げる目的で使用されます。 電圧範囲は非常に弱く、おおよその範囲は0〜100マイクロボルトです。 オーディオミキサーの入力でアンプを使用すると、電圧レベルが70 dB増加し、0〜10ボルトの範囲になります。 一部の低インピーダンスマイクでは十分な信号強度が得られないため、マイクから取得した信号を増幅する必要があるという意味で、プリアンプの使用は重要です。

マイクアンプの使用は多用途であり、市場のほとんどすべてのサウンドおよび電子回路で使用されています。 それらは主に、オーディオミキシングデバイス、サウンドレコーダー、サウンドシステム、およびその他のコンピューターとハードウェアの実装にあります。 これらのデバイスは、ADCデバイスでも個別に使用されます。 プリアンプへの最初の入力は、数マイクロボルトなどのわずかな電圧値を持つ、非常に低い電圧強度を持つオーディオ信号です。 これらの信号はゲインと電圧が十分に増加しているため、オーディオミキシングやその他のサウンド関連の目的に簡単に使用できます。

このタイプのアンプは非常に有用な電子回路であり、良好なゲインブーストサービスと出力特性を提供できますが、電圧レベルが大きくなりすぎる可能性があります。 これにより、信号に多くのノイズと歪みが発生し、機器に重大な損傷を与える可能性があります。 ノイズや歪みの影響、および結果として生じる可能性のある損傷を回避するために、信号の大きさを最適なレベルに維持する必要があります。 これらのノイズの問題を回避するには、アンプの後にコンプレッサーを使用して信号の電圧レベルを制御します。 ソリッドステートと真​​空管アンプは、2種類のマイクアンプです。 ソリッドステートマイクアンプは、真空管アンプよりも音質とゲイン性能がはるかに優れているため、真空管アンプよりも優れています。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?