同期回路とは

同期回路は、外部クロック信号によってタイミングが決定されるデジタル回路の一種です。 これらの回路は、正確な時間または正確な状況で動作するように設計されています。 基本的に、状況が正しいときはいつでも、システムクロックが回路に信号を送信してアクティブにします。 設計されていることをすべて実行し、別の信号を受信するまでオフにします。 これらのシステムは、一瞬のタイミングで動作するように構築されていますが、一般的に、信号がシステムを通過するときにクロックと同期回路の間に遅延が生じます。

同期回路がどのように動作するかを正確に理解するには、それらがどのように動作するかを知る必要があります。 まず、同期回路はデジタルシステムの一部です。 つまり、受信する信号は、オンまたはオフの2つの機能で動作します。 これらのシステムは、特にコンピューターおよびコンピューター制御デバイスにおいて、現代のテクノロジーの共通部分です。

同期回路の外部動作の最大部分はクロックです。 これは、より複雑なデジタルシステムの一般的な部分であり、タイミングを追跡するために使用されます。 従来のクロックとは異なり、これらのタイミングは通常、実際の時間に基づいていません。 それらは動作状態に基づいています。 基本的に、これはデジタルシステムの一部であり、想定どおりにすべてが確実に実行されるようにします。

特定の動作状態が発生すると、クロックは同期回路に信号を送信します。 これにより、回路の機能がオンになり、設計どおりに動作します。 これは、信号または電力を数ミリ秒通過させるのと同じくらい簡単な場合もあれば、大規模な多段デジタル機能の最初のステップになる場合もあります。 回路の目的が何であれ、一度それを実行してからオフにします。 別の信号を取得した後にのみ、再びオンになります。

これらの回路はシステムクロックに非常に密接に結びついているため、通常は正確な時間に発生する必要があるアクティビティを実行するために使用されます。 これは非常に重要な概念のように思えるかもしれませんが、一般的なデジタルシステムの大半は、システム全体を正しく動作させるために近いタイミングに依存しています。 これらのタイミングの多くは、ソフトウェア制御に大きな影響を及ぼします。 同期回路のようなハードワイヤード制御はあまり一般的ではありません。

ハードウェアシステムの真の使用法は、システムが動作するために必要なアクションの数です。 ソフトウェアタイミングがアクティブになると、コマンドの処理はシステムで発生する他の事柄に基づきます。 プロセッサがビジーの場合、遅延がタイミングを遅らせる可能性があります。 ハードウェアシステムには追加の手順はありません。 同期回路をクロックに直接接続できます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?